ホーム

お風呂では体のむくみをとって痩せる

読了までの目安時間:約 2分

体のむくみをとるには、お風呂に入ることがよいと言われます。
お風呂はとても簡単に実践しやすい、痩せる方法なのです。
下半身の中でも特に効果があると言われているのが、脚痩せです。
下半身が太る原因の1つとなっているのは、「セルライト」でしょう。
セルライトの要因の1つに、ストレスがあります。
体も心も、お風呂に入るとリラックスする事ができます。
自律神経の働きや、体のホルモンバランスは、ストレスフリーの状態になることで良くなるのです。
体をお風呂で温めることは、血液の流れを良くします。
そうなると、体の外へ溜まっていた老廃物が出されて、下半身は痩せるということになります。
また体に必要な栄養は、血流が良くなることで、体のすみずみにまで行き届くことになるでしょう。
結果として、セルライトを排除することができます。

痩せる方法のポイントとして大切なのは、お風呂ではリラックスするということです。
「アロマバス」という効果的な方法が、リラックス効果を高めるのに、とてもよいのです。
体は心地よいアロマオイルの香りによって、さらにリラックスすることができるでしょう。
またオイルを皮膚からも取り入れることによって、Wの効果が得られるでしょう。
お風呂にゆったりと入ることで、体の代謝もアップするのでさらに下半身が痩せるのです。

お風呂から出た後は、ストレッチを軽めにするといいでしょう。
下半身の痩せる効果は、体の血行がさらに良くなるので、高くなるのです。
時間をかけて、ゆっくりとお風呂に入りましょう。
そして、血流が良くなる、下半身が痩せるなどの肉体的な効果や、ストレスを解消する精神的な効果をしっかりと得るようにしていきましょう。

ホットヨガと健康

読了までの目安時間:約 2分

大量の汗が出るホットヨガは新陳代謝を高めます。これにより老廃物を排出します。そのことで免疫力が高まります。新陳代謝が高まると血液循環も良くなり健康も促進されます。ヨガは激しい運動ではありません。ゆっくりとした運動では活性酸素が発生しにくく、心臓など内臓に負担を掛けません。交感神経を強く興奮させるものではありません。どちらかというと、副交感神経優位の状態を作り出す行であると言えます。心臓がゆっくりと打ち、頭寒足熱の状態を実現する、禅宗の座禅と同じような身体的な状態を作り出すのがヨガだと言えます。静座といえば岡田虎二郎氏が有名ですが、静座の行もヨガの体位法(アーサナ)に似ています。ところでホットヨガはダイエット効果よりも美肌効果の方が高いと言う人もいます。アンチエイジングは活性酸素との関係が強くホットヨガを実践すればこの活性酸素の発生が抑えられると考えられます。ホットヨガは単にアーサナだけをするのではなくヨガの深い精神性を体験することもできます。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報